APC 技術ブログ

株式会社エーピーコミュニケーションズの技術ブログです。

株式会社 エーピーコミュニケーションズの技術ブログです。

Azure

AKSでGitOps(Flux v2)を使う(2)〜 Private Repositoryを利用する

今回はPrivate Repositoryの話 以前投稿した「AKSでGitOps(Flux v2)を使う(1)」の続きです。 今回はPrivate Repositoryの話になります。前回、GitRepositoryもHelmRepositoryもPublicに公開されているものを利用しました。 このため、認証など特に必要…

Azure Container Registry(ACR)でHelmチャートを共有する

今回のテーマは 「Helm」 Helmとは みなさん、AKS(Kubernetesに)にアプリケーションをデプロイする際の定義ファイル(Yamlファイル)はどのように作成していますか? 1つ2つのアプリケーションであれば、それぞれのアプリケーション用のYamlを書くのが手…

AKSでGitOps(Flux v2)を使う (1)

GitOpsとは GitOpsというのをご存知でしょうか。 GitOpsはWeaveworks社が提唱した、Kubernetesへのワークロードの 継続的デプロイ(CD)方法です(Git to GitOps) 。 GitOpsは4つの原則があります システムを宣言的に記述する 望ましいシステム状態をGitでバー…

LaravelをAzureにデプロイする

はじめに こんにちは、ACS事業部の奥山です。 Laravel アプリケーションを Azure へデプロイする方法について調査した結果をブログとして纏めておきます。 Laravel にはdocker-composeを利用したSailと呼ばれる環境構築ツールがありますが、こちらはあくまで…

Azureの資格を全て取ったので資格制度について語る(2022/07現在21個)

はじめに こんにちは、ACS事業部の吉川です。 タイトルにあるとおり、Azureの認定資格全21種を取得しました。 以下URLで公開されている認定資格ポスターのうち、一番左の Azure 列の資格が対象です。 https://query.prod.cms.rt.microsoft.com/cms/api/am/bi…

GitHub Actions利用時のnpm ciの時間を短縮する

はじめに 以前 「Azure Pipelines利用時のnpm ciの時間を短縮する」という投稿で、Azure Pipelinesでのビルド成果物のキャッシュをご紹介しました。 今回は同様のことをGitHub Actionsで行ってみたいと思います。 キャッシュを活用する npmのキャッシュ 早速…

KubernetesでIaC、Azure Service Operatorの紹介

はじめに こんにちは、ACS事業部の吉川です。 皆さんはIaC(Infrastructure as Code)にどんなツールを使っていますか? 今回のブログでは、AzureのリソースをKubernetesのカスタムリソースとして管理できる Azure Service Operator をご紹介します。 Azure Se…

Azure AD B2Cの中身をGraph Explorerで覗く

はじめに 今回はニッチなネタです(ということで、”にっじ 02:00 am" に投稿しています。くだらなくてすみません。) Azure ADを利用したアプリケーションを開発する際、ディレクトリの中のデータを覗いてみたいと思うことがよくあります。 そんなときに活躍…

マネージドディスクとアンマネージドディスクの違いについて

こんにちは、ACS事業部の吉川です。 AzureのVM関連のドキュメントを見ると、マネージドディスク という単語をよく見かけます。 マネージドディスクと対になる単語として アンマネージドディスク(非管理ディスク)というものもあります。 「この2つ、何が違…

Azure PipelinesでNodeJSのコードカバレッジ情報を収集する

はじめに 皆さん、快適なビルドライフ過ごせていますか?品質に対する取り組みは行われていますか? 継続的にシステムを開発する場合、アプリケーションの品質をどのように担保するかが重要な要素となってくると思います。 そんなときに必要になってくるもの…

Azure Pipeline利用時のnpm ciの時間を短縮する

はじめに 梅雨のシーズン、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私は先日、あじさいを観に八景島に行ってまいりました。八景島にはここでしか見られない「八景ブルー」というあじさいがあり、ちょうど見頃を迎えつつあった頃でした。スマートフォンで撮影した写…

Cloud Native Maturity Model 2.0 を調べてみた

はじめに 先日横浜開港祭が開催され久しぶりに花火が打ち上げられました。10分間ではありましたがとても綺麗でした。 こうした花火自宅から見えるのはとても贅沢だなとあらためて感じました。 以前のような盛大な花火大会が、早く普通に開催されるようになる…

Azure Durable Functionsを使ってみた

durable functions はじめに こんにちは、ACS事業部の奥山です。Azure FunctionsのDurable Functionsを利用する機会があり、非常によい拡張機能でFunctionsを使ってシステムを構築する際には是非利用したい機能だと思ったのでブログにしておきます。 Durable…

【Microsoft Build速報】AKS 関連のアップデート、Draft を使ってみました

はじめに こんにちは、ACS事業部の吉川です。 Microsoft Build、ご覧になられていますでしょうか。 私の所属するACS事業部では、Azure のコンテナサービスを中心にお客様の内製化を支援しています。 www.ap-com.co.jp 業務的に関連が深いこともあり、Microso…

Azure Container AppsでDaprを使ってみる

はじめに 5月24日からオンラインで開催されているMicrosoft Build 2022にあわせ、Azure Container Apps(ACA)がGAになりました。 Buildや他のところで紹介されている通り、Azure Kubernetes Service(AKS)をベースに、スケーリングにはKEDAを、 トラフィッ…

【Microsoft Build速報】Service ConnectorがGAになりました

おはようございます。 ナデラ氏の基調講演を見てぶち上がったものの、眠さに抗えず寝てしまったACS事業部の髙井です。 本日より Microsoft の年次イベント、Microsoft Build が開催されています。 Microsoft Build で発表された最新情報について、ピックアッ…

【Microsoft Build速報】API Management でGraphQL API サポート が一般提供(GA)されるようです

こんばんは、ACS事業部の吉川です。 本日より Microsoft の年次イベント、Microsoft Build が開催されています。 Microsoft Build で発表された最新情報について、ピックアップしてお届けしたいと思います。 現在ライブセッションが行われていますが、セッシ…

【Microsoft Build速報】Azure Container Apps が一般提供(GA)されました

こんばんは、ACS事業部の吉川です。 本日より Microsoft の年次イベント、Microsoft Build が開催されています。 Microsoft Build で発表された最新情報について、ピックアップしてお届けしたいと思います。 私の所属するACS事業部は Azure Container Soluti…

AKSでDaprを使ってみる(5)Contourと組み合わせる

はじめに 今回のテーマは「AKSでDaprを使ってみる(5)Contourと組み合わせる」、 別名「AKSでContour Ingress Controllerを導入してみる(X)Daprと組み合わせる」 となります。ここまでやってきた DaprとContourが合流します。 以前DaprとNginx ingress c…

AKSでContour Ingress Controllerを導入してみる(3)Multiple Upstream

はじめに AKSでContour Ingress Controllerを導入する。本体のインストール(1)、Let's Encrpytによるhttps有効化(2)に引き続いて今回が第3回です。 第3回は前回に引き続き、Contur Ingress Controllerの「プラスアルファ」な機能をご紹介していきたい…

Azure FunctionsへのアクセスをFront Doorで保護する

はじめに こんにちは、ACS事業部の東出です。 Azure Functionsを使って外部公開用のAPIを作るケースがあるかと思います。 一方で、外部公開するのでAPIの保護をどうやっておこなうか考える必要があります。 Azureでは複数の手段がありますが、今回はFront Do…

AKSでContour Ingress Controllerを導入してみる(2)httpsアクセス

はじめに 今回はContour Ingress Controllerを導入した前回からの引き続きです。 前回の終わりで、 AKSにインストールし、一般的なReverse proxy機能だけを実現しました。 次回は 「もうちょっと(プラスアルファ)」な機能を加えていきたいと思います。 ど…

AKSで Contour Ingress Controllerを導入してみる(1)

はじめに 5月15日はJリーグの日。 1993年の今日(5月15日)Jリーグが開幕しました。Jリーグ開幕試合はヴェルディ川崎 vs 横浜マリノス、場所は旧国立霞ヶ丘競技場。 キックオフは19:29だったそうです。 そんな歴史的な日を記念してこの記事は5月15日19:29に…

AKSでDaprを使ってみる(4) Service Busと連携してPubSubする

はじめに 「AKSでDaprを使ってみる」シリーズ、これまでの3回 (1、2、3)は Service Invocation機能を利用したものでした。Service Invocation機能だけだと(普通のREST APIと何が違うの?)と 思われたかもしれません。しかしDaprの実力は実はService …

AKSでDaprを使ってみる(2) MetricsとTracingを有効にする

はじめに Happy May day みなさま、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。 3年ぶりに「ゴールデンウィーク」という雰囲気を味わっている方も多いのではないでしょうか。 私も雰囲気を堪能しています。ゴールデンウィーク後半なにしようかなと考えな…

AKSでDaprを使ってみる(1) Ingress Controllerと組み合わせる

Dapr on AKS はじめに Dapr(Distributed Application Runtime) をご存知でしょうか。 Microsoftも主要開発元として参画している、マイクロサービスの開発と実装を簡略化するAPIを提供するもの です。 Azureにおいては、プレビューですが AKSのadd-onとしても…

Azure Managed Grafana (プレビュー)を使ってみる

こんにちは、コンテナソリューション事業部の吉川です。 先日、Azure Managed Grafana がプレビューとして公開されました。 azure.microsoft.com Grafana Labs社がMicrosoftとパートナーシップを結びマネージド サービスを開発していることは昨年11月に発表…

Azure FunctionsをAKSで動かす

Azure Functions on AKS はじめに Azure FunctionsがKubernetes上で実行できるのをご存知でしょうか。 Azure Functionsの公式ドキュメントにも記載があります。 docs.microsoft.com ドキュメントで紹介はされているけど、実際はどうなんだろう?というテーマ…

az acrコマンドだけでイメージタグを追加する

Azure Container Registry はじめに 先日公開した コンテナイメージの世代管理を行う の検証を行いました。 techblog.ap-com.co.jp 実はこの検証の際、裏でもうひとつテーマを実行していました。そのテーマとは 「コンテナイメージのビルド等をローカル環境…

ACRイメージの世代管理を実現する

Azure Container Registry はじめに 開発したアプリケーションのコンテナイメージAzure Container Registryにしている方は多いと思います。何も管理しないでいるとどんどんコンテナイメージが増えるばかり。直近のイメージは保存しておきたいけど、不要にな…