APC 技術ブログ

株式会社エーピーコミュニケーションズの技術ブログです。

株式会社 エーピーコミュニケーションズの技術ブログです。

NEEDLEWORKでQoSのテストを実施する

先進サービス開発事業部の内藤です

当社で開発・販売をしている、ネットワーク/ポリシーテスト自動化製品「NEEDLEWORK」はネットワーク負荷テストを行うことが可能です

 

techblog.ap-com.co.jp

 

本記事はネットワーク負荷テスト機能を利用して、ネットワーク機器のQoS動作を確認するテスト方法について記載します。

テスト環境

テスト対象のネットワーク機器には「パロアルトネットワークス社 次世代ファイアウォール」を利用します、

負荷テスト-Palo Alto_QoS

NEEDLEWORKの設定

NEEDLEWORKはPPPoE等の一部の設定を除いて、テスト内容・設定はテストシナリオに記載します。

※テストシナリオはCSVファイルを読み込むか管理画面から直接編集することも可能です

 

今回のテストシナリオは下記のとおりです。

テストシナリオを3つ作成し、それぞれ異なるDSCP値をマーキングして送信します。

負荷テスト-Palo Alto_QoS

①192.168.220.100 → 100.100.100.100 :DSCP値 14

②192.168.220.110 → 100.100.100.100  :DSCP値 12

③192.168.220.120 → 100.100.100.100 :DSCP値 10 

ファイアウォールの設定

ファイアウォールのインタフェースでQoSを有効にします。

負荷テスト-Palo Alto_QoS

 

各クラスの帯域を設定します。

class 1 保証帯域:75 Mbps

class 2 保証帯域:20 Mbps

class 3 保証帯域:5 Mbps

※合計帯域 100Mbps

負荷テスト-Palo Alto_QoS

 

QoSポリシーを設定し、マーキングされた値をもとに各クラスに分類します。

DSCP値 14(af13) → class 1 

DSCP値 12(af12) → class 2

DSCP値 10(af11) → class 3

テスト実行と結果

テストを実行するとNEEDLEWORKの送信元から宛先にパケットを送信します。

ファイアウォール

ファイアウォールのQoS統計情報確認画面です。

それぞれのclassに入った通信が、設定した帯域に制御されていることがわかります。

設定値
class 1 保証帯域:75 Mbps

class 2 保証帯域:20 Mbps

class 3 保証帯域:5 Mbps

負荷テスト-Palo Alto_QoS

NEEDLEWORK

NEEDLEWORKの実行画面です。

こちらもリアルタイムに値が変化します。(下記は静止画です)

それぞれのシナリオの使用帯域、パケットロス率等を確認可能です。

負荷テスト-Palo Alto_QoS

※画面取得タイミングの関係で利用帯域がファイアウォール側と少し差異が出ています

 

テスト停止後に下記のようなグラフを表示可能です。(画面をキャプチャし保存可能)

 

負荷テスト-Palo Alto_QoS

また、テスト停止と同時にエビデンスファイルもPC内に保存されます。

エビデンス詳細は下記の記事をご参照ください。

techblog.ap-com.co.jp

おわりに

従来の方法では負荷を掛けるためのPCの準備はもちろんのこと、パケットにマーキングすることが面倒でしたが、NEEDLEWORKを利用することで簡単にテスト可能です。

 

資料ダウンロード

form.run

 

www.ap-com.co.jp