APC 技術ブログ

株式会社エーピーコミュニケーションズの技術ブログです。

株式会社 エーピーコミュニケーションズの技術ブログです。

Scaling Marketing and Docs with a Privacy-Safe RAG Model(プライバシー・セーフのRAGモデルでマーケティングとドキュメントの規模を拡大する)

プライバシーセーフなRAGモデルを用いたコンテンツ作成のスケール化:新たな可能性

デジタルの時代では、企業が直面する主要な課題の一つは、増大し続ける構造化されていないデータの管理です。内部文書や会議のメモ、録音された電話やその書き起こしなど、このデータを分析する活動は困難な作業となることがあります。さらに、新たな製品や機能のリリースごとに、更新した技術文書や製品説明、トラブルシューティングガイド、その他のユーザーにとって重要な情報を生成する必要性は増大します。これは圧倒的に聞こえますか?Skyflowが革命的な製品「ScalingBot」を導入するまでは確かに挑戦でした。

今日のセッションの主要テーマは、「プライバシーセーフなRAGモデルを用いたコンテンツ作成のスケール化」というテーマに焦点を当てています。シンプルに言うと、目指すことは構造化されていないデータの山から必要な情報をフィルタアウトし、それに基づいて新鮮で更新されたコンテンツを作成するソリューションを構築することです。

このメカニズムを設計したScalingBotをデプロイすることで、Skyflowはコンテンツ作成を効果的に管理することができるようになりました。ボットは新製品の情報や特長に迅速に適応し、最新の情報をユーザーにすばやく提供することを保証しています。このプライバシー保護ソリューションは、コンテンツ生成を最適化するだけでなく、スケール化も行い、企業の効率的な運用とユーザーへの情報提供のタイムリーさを増幅しています。

これは、「プライバシーセーフなRAGモデルを用いたコンテンツ作成のスケール化」という概念についての簡単な説明に過ぎません。セッションを進めるにつれ、RAGモデルの複雑さと、データとコンテンツ生成をどのように扱うかを再定義する可能性について詳しく見ていきます。私たちはあなたがこの興味深いトピックの探求を続けるために、引き続きご覧いただくことを心からお待ちしています。

プライバシーとセキュリティの強化:カスタムソリューションによるアプローチ

すべての企業が、内部文書から会議のメモ、録音した通話や文字起こしまで、山のような非構造化データに取り組んでいます。これらのデータの伝統的な分析は困難ですが、大型言語モデル(LLM)の出現により、新たな可能性が開かれています。しかし、効果を発揮するためには、これらのソリューションが今日我々が航行する複雑なプライバシーとセキュリティの風景に対処する必要があります。

世界のプライバシー規制を渡り歩く

今日、企業は世界中で100以上の異なるプライバシー規制の下で営業しています。これらの規制は、私たちのデータ、顧客情報を含む、どこにどのように保存し転送できるかを定めています。行と列の秩序がない非構造化データを取り扱う際、この規制の風景を航行することは特に困難です。

カスタムソリューションの必要性

データ環境と規制要件の多様性は、一律のソリューションではなく、カスタムセキュリティ対策が必要となります。これらのカスタムソリューションにより、企業は特定のデータ環境を管理し、適用される法律に準拠し、シームレスなビジネスオペレーションを実現することができます。

主なポイント: - プライバシーとセキュリティのカスタムソリューションは、機密データと顧客情報の保護に役立ちます。 - プライバシー規制の複雑さと多様性が増すにつれて、カスタムソリューションの重要性が増しています。 - カスタムソリューションは、非構造化データの管理に重要な役割を果たしています。

以下のセクションでは、AIと大型言語モデル(LLM)がプライバシー法に配慮しながら非構造化データを管理し、最高のセキュリティを確保するのにどのように役立つかについて、さらに詳しく見ていきます。お楽しみに!

VerbiGPTのセキュアなコンテンツ作成への実装

VerbiGPTの紹介と目的

SkyFoamの開発者たちは、最初のコンテンツ作成のためにVerbiGPTというツールを作成しました。VerbiGPTの主たる目的は、SkyFoamのメンバー全員が初稿を作成できるようにすることであり、そのためにはツール内に細かいアクセス制御と厳格なプライバシー設定の実装が必要でした。

プライバシーとセキュリティ

大規模言語モデル(LLMs)に対して過剰な機密データを提供する可能性があるリトリーバル・オーグメンテッド・ジェネレーション(RAG)のような操作を考えると、プライバシーとセキュリティを確保することは最優先事項です。その結果、VerbiGPTはプライバシー保護とセキュリティ維持に厳格に従うことを主張しています。

細かいアクセス制御の重要性

新製品の特徴を説明するコンテンツを作成するチームは、まだ公開されていない予備的な情報へのアクセス権を与えられます。これには、適切な情報アクセスを規制するための細かな権限制御が必要です。

最終的な目標は、SkyFoamの全メンバーがVerbiGPTを快適に使用できるようにすることです。ただし、まだテスト段階にあり、コンテンツは実際にオンラインで公開される前に常に確認する必要があります。そのため、初稿作成の道具として使用されることが期待されます。

VerbiGPTの導入により、セキュリティの高いデータ共有と高精度なコンテンツ生成の両方が可能となりました。これらの重要な取り組みを通じて、小規模なテック組織のチームメンバーでも、特定のデータに安全にアクセスし、それをコンテンツ作成に活用することができます。

セクション4: VerbiGPTでコンテンツ作成を効率化

大規模言語モデル(LLM)の登場、特にVerbiGPTの存在は、コンテンツ作成における著しい改善を促進しました。文書の起草、会議のノート作成、通話記録の記録、通信の文字起こしなどの業務が、VerbiGPTを利用することで驚くほど効率的に実施できるようになりました。

しかし、重要なことは、VerbiGPTによって生成される出力は常にある程度の人間による改訂と微調整を必要とするということを理解することです。このモデルが文書管理部門に与える影響は大きく、その領域のリーダーたちはその大きな影響を認めます。VerbiGPTによって再作成される初稿は人間の介入を必要としますが、この編集プロセスが必ずしもワークフローの大部分を消費するわけではないため、生産性が著しく向上します。

VerbiGPTの真の力はその配信速度と優れた品質にあります。以前は約2週間かかっていたタスク、例えば初稿の作成などが、驚くべき10分で完了できるようになり、文書作成の速度と効率性における画期的な瞬間を迎えました。エンジニアは、必要な全てのデータをVerbiGPTのコンテキストに入力し、実質的にシステムに原因分析(RCA)とテンプレートを生成するよう指示することができます。ログデータ、Slackの会話、フォーム入力、その他の重要なシステム記録など、さまざまな情報源から情報をシームレスに取得することができます。

結論として、VerbiGPTは、データや文書の作成にかかる時間を短縮し、ほぼ瞬時に高品質のドラフトを出力するという印象的なダイナミズムを示します。それは、組織が大量の非構造化データを活用することを目指すための効率的なツールを表し、結果として生産性の大幅な向上を実現します。

次に進むにつれて、私たちはVerbiGPTをさまざまなビジネスシナリオに統合する際の多様なアプリケーションや利点について深く掘り下げます。お楽しみに!

コンテンツ生成におけるプライバシー準拠の確保

このセッションでは、「コンテンツ生成におけるプライバシー準拠の確保」という重要なテーマに触れました。私の考えを共有させてください。

コンテンツ生成におけるプライバシー準拠の確保

企業や製品に関する特定の詳細を保護することは、どのビジネスでも顧客の信頼を維持するために極めて重要です。これには、一見無害なテキストが企業にとって価値のある情報を含んでいる場合も含まれます。APIを通じて、そのようなデータへのアクセスを許可するか否認するかを決定することができます。

例えば、データは製品名や企業固有の情報である可能性があります。製薬業界の視点から考えると、公に共有したくない薬の使用方法などの機微なデータが存在します。このような情報は制約と管理が必要です。

私たちの機械学習アルゴリズムには、適切に取り扱う必要がある特定のタイプのエンティティが組み込まれています。我々は自動化に含まれるデータの種類を制御することができます。

どのように動作するかを説明すると、このシステムは入力データを解析し、それぞれのアイテムを識別します。このメカニズムのおかげで、コンテンツ生成の際にプライバシーを確保することが可能になります。だからこそ、これはビジネスにとって非常に便利なツールとなるでしょう。

まとめ

議論したように、データプライバシーの確保は、情報を安全に保存しながら、効率的にマーケティングと文書化を拡大するための重要な要素です。RAGモデルを採用することで、プロセスを自動化しながらプライバシーを保証することができます。これらの側面を考慮に入れ、プライバシーを確保しながらコンテンツを生成する具体的な方法について議論しました。各企業がこれらの機能を最大限に活用することで、ビジネスの発展に貢献することを期待しています。


Databricks Data + AI Summit(DAIS)2024の会場からセッション内容や様子をお伝えする特設サイトをご用意しました!DAIS2024期間中は毎日更新予定ですので、ぜひご覧ください。

www.ap-com.co.jp

私たちはDatabricksを用いたデータ分析基盤の導入から内製化支援まで幅広く支援をしております。
もしご興味がある方は、お問い合わせ頂ければ幸いです。

www.ap-com.co.jp

また、一緒に働いていただける仲間も募集中です!
APCにご興味がある方の連絡をお待ちしております。

www.ap-com.co.jp