APC 技術ブログ

株式会社エーピーコミュニケーションズの技術ブログです。

株式会社 エーピーコミュニケーションズの技術ブログです。

【AWS Summit Japan 2024 感想】参加できなかった人もまだ間に合う!個人的に良かったセッション!


こんにちは、クラウド事業部の中根です。
AWS Summit Japan 2024が、6/20, 6/21で開催されました。
私は現地参加はしなかったものの、オンデマンド配信でいくつか視聴しました。
その中で、特に興味深かったものについて、感想を書きたいと思います。
ちなみに私は、AWS Summitをがっつり見るのは今年が初めてです。

AWS-05:AWSコスト管理の最前線

コスト最適化の5柱の1つ、クラウド財務管理(CFM)の実装についてのセッションです。

実際ありそうなユースケースを元に、可視化→最適化→計画・予測、と順を追って解説されていて、わかりやすかったです。
「クイックウィン最適化」、「Cost and Usage Dashboard(CUD)」とか、知らなかった概念やサービスもあったりして勉強にもなりました。
Amazon Qでもコストみれますよーみたいな小ネタも網羅されていて、実際試してみたりしながら楽しく視聴しました。

各サービスの具体的な最適化方法については述べない、とされていましたが、大方針や考え方などが詳しく解説されていました。
「細かいところは調べながらですぐに手を動かせそう」くらいの説明で、プレゼンとしても勉強になりました。
自分がコスト最適化をやることになったら、とりあえずこのセッションを振り返って少しずつ実践してみようと思いました。

AWS-36:Amazon EKS + Karpenterで始めるスケーラブルな基盤作り

Amazon EKS + Karpenterは、今まさにお仕事で携わっている部分なので、真っ先に視聴しました。

Cluster Autoscalerとの比較の部分は、お仕事で予習済だったので、説明わかりやす!と思いながら聞いてました。
ReservedInstance等を考慮してくれないなど、Karpenterの注意点については述べられていませんでした(聞き逃していたらすみません)ので、完全上位互換というわけでもない点には注意が必要ですね。

Karpenterのデモは、シンプルながらわかりやすくてかっこよかったです。
このデモをみたらKarpenter検討したくなっちゃいます。
EKS Workshopについても紹介されていて、そのまま実施したりしました。
こちらは2,3日はかかりそうな大ボリュームだったので、少しずつ進めたいと思います。

AWS-59:アーキテクチャ道場 2024!

個人的に一番面白かったです!これだけでも見てほしい!
毎年開催されているのもうなずけます。
お題に対して、AWS様のソリューションアーキテクトが改善案とその設計プロセスを発表していくものです。
お題が発表されてから再生を止めて、自分で考えてみたりもできるのが、配信視聴の最大のメリットでした。
自分の知識、引き出しの浅さに少しショックを受けましたが、頭をひねるのは楽しかったです。

AWSの知識はもちろんなのですが、その思考プロセスは大変勉強になりました。
とても難しいお題なのですが、正直AWSをあまりよくわかってない自分でも説明が分かりやすくて理解できました。

私はAWSサービスのどこに手をいれようか、どのサービスを使おうか、と最初から考えてしまっていたのですが、最初に問題の整理や解決の方針を立てるという点が印象的でした。
AWS全体で課題解決のプロセスが統一されてたりするんでしょうか。
そうあるべきだ、ということを知っていましたが、まだ実践はできていないということに気づけたのも思わぬ収穫でした。

2個目のアーキテクチャは見たことない感じの構成で、圧倒されました。
質疑応答はどちらもアドリブっぽいのですが、あの速度で打ち返せるの控えめに言って恐ろしすぎました。
プロ野球とか見てる感じの興奮に近いものがありました。
来年もめちゃめちゃ楽しみです!

おわりに

オンデマンドだったので、交流とかはなかったですが、楽しくAWSを学べて有意義な時間でした!
来年は現地参加もしてみたいです!

オンデマンド配信は、7/5(金) 19:00まで見ることができます!
aws.amazon.com ぜひ今のうちに利用しましょう!

お知らせ

APCはAWS Advanced Tier Services(アドバンストティアサービスパートナー)認定を受けております。

その中で私達クラウド事業部はAWSなどのクラウド技術を活用したSI/SESのご支援をしております。
www.ap-com.co.jp

https://www.ap-com.co.jp/service/utilize-aws/

また、一緒に働いていただける仲間も募集中です!
今年もまだまだ組織規模拡大中なので、ご興味持っていただけましたらぜひお声がけください。

www.ap-com.co.jp